NEWS&TOPICS

新着情報

【季節の進行やや遅め?】タイラバ&ひとつテンヤの2本立てでお客様をアテンドせよ!

皆様、たいへーんご無沙汰をしております。

テスター古谷野でございます。今年は何かと忙しく…なんと5月後半にして今年初出船となりました。

その時の様子をレポートしていきたいと思います!

タイラバとひとつテンヤの2本立て

さて、この度ははるばる山形県よりお客様。山形県米沢市の釣りクラブ在籍の2名様、内お一人は瀬戸内の釣りが初めてとの事で、来岡が決まってからずっとソワソワされてたそうで、非常に楽しみにいらっしゃいました。普段は日本海、太平洋の大海原でタイラバを楽しんでいらっしゃるそうです。

お迎えする私としてはプレッシャー…汗

倉敷市下津井の港より出船すると、目の前には島並みに架かる瀬戸大橋の絶景!走ってる間、ずーっと景色にカメラを向けていらっしゃいました。笑

私たちには見慣れた景色も、遠方の方からすれば贅沢なロケーション。改めて我が環境に感謝!!

釣り方としてはタイラバと一つテンヤをご用意。岡山の激流タイラバと、活きエビを使った攻撃的なリアクションテンヤ!普段では絶対に経験しないであろう釣りを是非味わって頂きたくいざポイントへ!

タイミングは良くない?いざ実釣スタート!

さて、肝心の真鯛は??タイミング的には産卵明けの喰い気が落ちる季節のはず…。難しいのは承知の上でしたが、幸先良く一流し目でまずまずの魚が釣れてくれました。

あれ??まだ体格がしっかりしてる、お腹もずっしり…??

そして、2枚目追加!!

あれ??お尻から白子が…??まだ産卵終わってない??

であれば!と例年、産卵絡みで顔がみれるポイントへ。鯛、ちゃんといましたよ。…がしかし、この日はエビに軍配!

タイラバに反応する個体ももちろんいますが、完全にエビの方へ当たってきます。

タイラバ2流し、し〜ん…。3流し目、エビつけてテンヤ入れたら一発で食う!…みたいな釣れ方が何度もありました。やはり、気難しい産卵期。

途中、水深60メートルの潮止まり前後にしか攻めれないピンポイントへひとつテンヤを入れ込みます。

やや二枚潮…底取りに苦戦の様子。そんな時にはプラスワン!ワンステップTGの10号にプラスワン3号を装着。

1stepTG ひとつテンヤ

PLUS ONE

「お〜!底分かります!」でど〜んとナイスなアコウとタイのダブルヒットー!!

潮流れが2ノットを超えた所でテンヤでの底取りが難しくなったため、ズルラバ投入!

これにはちゃっかり当たってきます。海底をズルズルトントン、煙幕モクモクの中にカーリーネクタイピラピラ。近くにいる鯛にしたら、たまったもんじゃないでしょうね笑

初ズルラバを目の当たりにしたお客さん…笑「こんな釣り方あるんですか!?」と、目がテンの後、アタリが!!

ロッドホルダーにセットしたロッドが根本からブチ曲がり、ホルダーから竿が抜けない!!笑 大慌ての船上に皆んなで爆笑!!最高でしたね!!これだから、やめられん笑

「次は夏頃にまた〜!!」と岡山をあとにされました。

私にとっても最高の時間と想い出を有難うございました!またお待ちしてます〜!

登場アイテム

・ 2stepTG ヘッド 45g / 60g / 80g

・1stepTG ひとつテンヤ

・PLUS ONE