NEWS&TOPICS

新着情報

【出たぞハチマル】ノッコミ本番の丹後ディープ鯛ラバ「アミエビパターン」で攻略!

皆さんこんにちは。テスターの坂本です。

さぁ、各エリアでノッコミの真っ最中!盛り上がっております! そんな私も“桜鯛”を求めて兵庫県豊岡市から出船、丹後ディープ鯛ラバに行ってきました!

最近の日本海はノッコミの最中で日ムラはあるみたいですが、釣行日前日はどのエリアも調子が良かった様子。期待に胸を膨らませ…いざ!

アミエビパターンには強アピール系

ファーストポイントは港から20分程走った水深100m程のポイント。ボトムから10mまでに鯛の感度、30mまでに「アミエビ」の感度も見えている状況。

さて、このアミエビなんですが、春になり水温が上がってくるとアミエビが湧きやすく、真鯛もこのアミエビを捕食する様になるんですね。ただアミエビを捕食している時は、気難しい真鯛が多く攻略難度も高くなるような印象。まぁ、そこをハメるのが楽しい訳なんですが。

個人的にこんなアミエビパターンで特に意識しているのは、きっちりアミエビ感度の上層まで巻き上げ、上ずっている個体にもしっかりアピールすること。さらに言うと、自分のタイラバをターゲットに見付けてもらわないといけないので、ネクタイは“強アピール系”を選択すると良い結果に繋がることが多くなります。

…というわけで、当日は強波動が特長的なSTART トリプルフックカーリーを選択。

トリプルフックカーリー S

セオリー通り、アミエビの感度の上まで巻き上げることを意識していると…フォール後の立ち上げで抑え込むようなバイト!幸先よく1枚目をキャッチ!

この時のヒットパターンは、水深100mにライン放出量は180m。ボトムから20〜30mほど巻き上げ、巻き速度はスロー。

「今日はこのパターンか?」なんて思いつつ、再度同じパターンで攻めていると…

サイズアップとなる76cmを追加!パターンがハマっていることを予感させる嬉しい1本!

そしてそして…!さらに同じパターンで、同様に抑え込むようなバイト!強烈なダッシュを見せた、この時期らしい81cmのキャッチに成功!

丹後ディープ鯛ラバで「ハチマル」捕獲となりました!

この日の釣果はこの81㎝を筆頭に、76cm、70台、60台の4枚。数こそ出なかったものの、良型揃いで大満足の結果に。

さぁさぁ、丹後ディープ鯛ラバは今がノッコミ本番!!日ムラが大きく決して難易度が低いとは言えないですが、夢の大型が狙えるまたとないチャンス!攻略のしがいのあるタイミングです!皆さんも、ぜひチャレンジしてみてください!

当日のタックルデータ

ロッド  :紅牙AIR N69MHB-MT/紅牙AIR N610MB TG
リール  :オシアコンクエストCT 300PG
ライン  :XBRAID OMNIUM X8 UPGRADE 1号 600m
リーダー :シーガーグランドマックスFX 5号
ハンドル :LIVRE SB70-75
タイラバ :レッドスナイパー280〜320g
ネクタイ :START トリプルフックカーリー
トレーラー:海毛虫カーリー 2.8inch

登場アイテム

トリプルフックカーリー S