NEWS&TOPICS

新着情報

2024.02.08

新作タイラバロッドBRAHMAN開発秘話①

先日、2024新製品として発表した新作タイラバロッドのBRAHMAN(ブラフマン)。

まだほんの少しの情報しか出していませんが、これからちょっとずつ情報を出していきたいと思います。

まずは、「なぜ私たちがロッド開発に踏み切ったのか」。今回は、その理由についてお話しします。

 

私たちが考える最高の遊び道具

遡ること3年前、ゴールデンミーン様とのコラボで、「MASHIMOFU(マシモフ)」というタイラバロッドをリリースしました。

万人に使いやすく、お求めやすい価格で提供することを目標に、ゴールデンミーン社の持つノウハウと私たちのタイラバの知識を掛け合わせ出来上がったマシモフは、タイラバ入門ロッドとして多くの方にお買い上げいただき、大盛況のうちに完売することができました。

本当にコスパ良く、だれでも扱いやすい良いロッドだったと自負しております。

 

しかし、タイラバを極めていく上で、道具の進化は必要不可欠。

「私たちが思う最高の遊びには、自分たちが本当にほしい道具が必要だ」と、強く感じていたのです。

 

タイラバを最大限楽しむ

私たちは釣りが“最高の遊び”であると位置付けています。

釣りは自然相手の遊び。どんなに腕を磨いても、どんなに良い道具を揃えても、魚が口を使わない限り決して成立はしないし、たとえ成立してもそれが答えかどうかは魚に聞いてみないとわからない。

そんな相手任せの遊びが他にあるでしょうか。

答えがないからこそ熱中できる。だから釣り人は古くから工夫をし、腕を磨き、道具を仕立て、自然に挑んできたのです。私達も釣り人である以上考えは同じ。日々海で工夫をこらし、腕を磨き、そして答えを引き出すべく道具を作ってきました。

 

その中で行き着いたのが、今回のロッドです。「タイラバを最大限に楽しむため」の“私たちが考える最高の遊び道具”を生み出すことを目標に、ありきたりなパーツを組み合わせたり、OEMに頼ることなく、まったくのゼロからオリジナルのロッドを作ることにしたのです。

 

素材やパーツの数値、設計図はあくまで机上の空論でしかない。私達の釣りのスタイルを最大限に引き出すための答えは現場にあると考え、数々のサンプルを作り、使い込み、グリップの形状、ブランクスの調子、軽さ、全体のバランス…一つずつ答え合わせをしていきました。

そして、漸く仕上がったのが、“マダイが違和感なく食い込む”いわば乗せと掛けを融合した6.1ftのオールチューブラーと6.6ftのオールソリッドの2本のロッドです。

※写真は開発中のものです。

 

私たち自身、BRAHMANを開発することで、これまでのタイラバがもっともっと楽しいものになりました。

間違いなくタイラバフリークの皆様にご満足いただける製品になっていることと思いますが、ぜひライトユーザーに方にも、この新作ロッドで高次元タイラバを体験いただき、タイラバの沼に浸かるきっかけとなれば嬉しいです。

 

気になる新作ロッドの詳細は、また次回の記事でお話ししますので、皆様楽しみにしていてください!