NEWS&TOPICS

新着情報

【大アジ連発?!】テスターu-kiの四季折々の釣り/シケの合間の大アジ釣り編

みなさんこんにちは! マルチアングラーのu-kiです!

厳冬期でシケ続きの2月でしたが、釣りには行かれましたか? 私はかねてから興味のあった大アジ釣りに行ってきました!

タイラバやひとつテンヤにも通じる!?奥が深いアジ釣りの世界…

実は1月末に、はじめて大アジ釣りに行ってきましたが、その時は釣り方をレクチャーしてもらっても理解できておらずで…。何がいいのか悪いのか、わけの分からないまま52cmのアジが1本きりという釣果…。

 

この大アジ釣り、60号のどんぶりかごにコマセを詰めて、水深60mで釣っていくのですが、サビキのなびかせ方だったり、コマセの撒き方や針の飲ませ方などなど、ちゃんとできてないと釣れないんですね。今回、お隣の釣り座の方がとても上手な方でいろいろと教えてくださいまして。

 

「サビキ釣りは仕掛けもだけど、同船者さん同士協力してコマセを撒くことが重要なんだよ」…とおっしゃられていました。

 

お隣さんが使われていたのは、とても柔らかくて長いロッド。しなりを巧みに使いこなしておられました。

一方、私が使用したのは落とし込み用の短めのロッドと電動リールです。みなさん、まずまず長さのあるロッドを使われていましたが、私が短めの落とし込み用のロッドをチョイスしたのは、私の力では長いロッドを上手に扱えずコマセが十分に撒けないから。

短めのロッドでしっかりコマセを撒けること、魚に違和感なく仕掛けを飲ませられる上に、かけたあとのやり取りが柔軟にできること。これらを考慮すると、短くても柔らかく、なおかつ大物も捕れる落とし込み用のロッドになったというわけです。

 

同船者さんにも釣果にも恵まれ大満足!

今回、大アジは6本、小さめのアジが2本でしたが、バラシはなしです。結果、船中でもよく釣った方でした。専用タックルもある中、皆さん思い思いのタックルで挑まれており、とても勉強になりました。

 

私は瀬戸内海で四季の釣りを楽しんでいます。まだまだ経験のない釣りや状況に合わせた釣り方ができないこともしばしば。レクチャーしてもらっても上手くできない…。そんなときは、恥ずかしがらずに素直に聞いてみる。上手な人のやり方を見せてもらう。コレ大事ですね。

「せっかくなんだし、みんなで楽しみましょ」と、1日ニコニコされて、どなたにも優しく接されていた素敵なお隣さんにお会いできて、心が洗われた気分です。私もいつかそんなアングラーになれたらいいなと思います。

タイラバやひとつテンヤだって、釣り方、ヘッドのウエイト、巻くスピード、ネクタイのカラーなどもそう。みんなで共有した方が釣果は上がるし、やっぱり釣れたほうが楽しいですもんね!

持ち帰った大アジ6本はすべて50cm以上ありました。小さめのアジもいつもスーパーで見るサイズとは桁違い。お刺身、アジフライ、どれも最高に美味しくいただきました。

春までもう少しですね。厳冬期ならではの釣りものを追っかける楽しみもあります。魚種豊富な瀬戸内海!ワクワクが止まりません。大アジもですが、メバルサビキも気になるところ…。いろんな釣りの経験がタイラバやひとつテンヤに活きることもたくさんあります。 海の恵みに感謝して、次の釣行の準備をしたいと思います!